読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweet dreams,

映画、音楽、好きなものに関するあれこれ

映画

『ブルージャスミン (原題Blue Jasmine)』感想

私が一番最初に存在を知ったウディ・アレンの映画は、「アニーホール」と「ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう」でした。この2本のせいで、私のウディアレンのイメージは長らく「チビハゲの偏…

『ノーカントリー(原題No Country For Old Men)』感想ーアメリカの荒涼とした大地とおかっぱ

アカデミー賞の主要部門をかっさらい、実質その年を代表する映画だったノーカントリー。しかし間違っても「評価高いらしいよ!」と友達と気軽に見る映画ではない。(鑑賞後ウンウン議論したいなら別)実際、私の周りでも、「なんでそんな評価されてるのか分…

『17歳の肖像(原題An Education)』感想ー60s 英国女子の通過儀礼

1961年のイギリスが舞台。芸術やジャズ、パリに憧れる早熟な女子高生ジェニー(キャリー・マリガン)が、年上の男性デイヴィット(ピーター・サースガード)に連れられて、退屈な学校生活からは考えられないような華やかな社交界へ足を踏み入れる。デイヴィ…