読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sweet dreams,

映画、音楽、好きなものに関するあれこれ

ブラック・レーベル・モーターサイクル・クラブ BRMC 各アルバム紹介

音楽

前回(ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ BRMC ノイジーだけじゃない、硬派なロックバンド - Sweet dreams,に引き続き、アメリカのロックバンド、ブラック・レーベル・モーターサイクル・クラブの紹介。

アルバム別に紹介します。

 

B.R.M.C (2002) 個人的評価★★★★★

f:id:chico08:20160916013139j:plain

デビュー作。やっぱり、最初に聴くならこれです。アルバム全体の完成度が高くて、捨て曲ほぼなし。グルーヴうねる濃いロックが好きな人には超おすすめ。                         もっとノリのいい、ハードなのが聴きたい人は2ndアルバムへ、土臭い感じが気に入った人は3rdアルバムへいきましょう。人気曲、”Whatever Happend to My Rock ’N Roll?"収録。

◾︎おすすめは"Love Burns" 、"Red Eyes And Tears"、"White Palms"、"Spread Your Love" 、

日本版ボーナストラックの"Down Here"は名曲。

www.youtube.com "Love Burns" アルバム1曲目。アコギでしっとり始まったかと思いきや、途中からやっぱりギュンギュンいいだす。

 

 

 Take Them On, On Your Own (2004) 個人的評価★★★★☆

f:id:chico08:20160916015135j:plain

1stよりもよりハードになった2ndアルバム。「奴らにたちむかえ、自分一人で」という反骨心のあるタイトルからして、彼らの作品の中では特に政治的でメッセージ性の強い作品。エフェクトはがっつりですが、割とキャッチーな曲も多いので、ある意味聴きやすいかも。

◾︎おすすめ曲は、 "Stop"、"In Like The Rose"、"Shade Of Blue"、"Rise and Fall"

www.youtube.com シングル曲"Stop"

 

 

Howl (2005) 個人的評価★★★★★

f:id:chico08:20160916015214j:plain

アルバム1曲め、"Time won't save our souls" 「時間は、俺らの魂を癒しちゃくれない」って野太いコーラスから始まる激シブの3rd。彼らのキャリアの中でもルーツミュージックに振り切った異色作で、ボブ・ディランばりのギターとハーモニカの曲は、前作が好きな人は困惑必須。でも内省的でソウルフルなこのアルバムは、刺さる人にはめちゃくちゃ刺さると思います。トワイライト・ニュームーンのサントラ収録”Done All Wrong”が好きな人は、このアルバムから入ってもいいかも。

◾︎おすすめ "Shuffle Your Feet"、"Devil's Waiting"、”Ain't No Easy Way”、"Weight Of The World"、"The Line"

www.youtube.com "Shuffle Your Feet" しょっぱなから音出るので注意

 

 

 Baby 81 (2007) 個人的評価★★★☆☆

f:id:chico08:20160916020948j:plain 

初期メンバー体制で制作された最後のアルバム。今のところ出ているアルバムの中では、一番キャッチーでポップなアルバム。加えて音も比較的すっきりしているので、非常に聴きやすい作品ですが、1stアルバムのファンとかには少し物足りないかも。シングル曲"Berlin"はサビの繰り返しが若干単調ですが、かっこいいです。 

◾︎おすすめ "Took Out A Loan"、"Berlin"、"666 Conducer"、"American X"、

www.youtube.com "Belin"

 

 

 Beat The Devil's Tatoo (2010) 個人的評価★★★★☆

f:id:chico08:20160916022542j:plain

新しく女性ドラマーを迎えて作られた5thアルバム。シングル曲の"Beat The Devil's Tatoo"は、最初のカントリーっぽい曲調から、どんどん重たくグルーヴィーになっていく、凄く彼ららしい曲。全体的に洗練されていて、まとまった印象の曲が多いですが、新メンバーの加入もあって、5作目ながら新鮮な勢いがあります。

なんかこの人らやたらデビル好きだなぁと思ってたら、アルバムタイトルは詩からの引用みたいです。

◾︎おすすめ "Beat The Devi's Tatoo"、"Conscience Killer"、"River Styx" 、"Aya"

www.youtube.com 思わず「あやちゃん…?」と反応したくなる"Aya"

 

 

 Specter At The Feast (2012) 個人的評価

f:id:chico08:20160916023921j:plain

一聴した印象は地味ですが、良曲は多い6thアルバム。一発分かりやすいキラーチューンはないけど、作り込まれた曲が多い印象。メンバーの父親が亡くなった直後という時期が時期なだけに、地を這うようなハードな苦悩してる感じの曲と、追悼曲みたいな神神しい雰囲気の曲が混在しています。デビュー当時から、ときどきこんな感じの宗教色強い曲が入ってきますが、このへんはキリスト教文化圏に育っていない自分には本当には分かりません。

◾︎おすすめ "Fire Walker"、"Returning"、"Sell It"、"Lose Yourself"

www.youtube.com 今作は冒頭からじわじわスタート"Fire Walker"

 

 

最初に聴くなら

個人的に、ひとまず最初の3枚のアルバムの中2枚の曲をざっと聴いて、気に入れば後の作品を攻めるのがお勧めです。

勢いのあるロックが好きな人なら

→1st『B.R.M.C』と2ns『Take Them On, On Your Own』

ルーツミュージックぽいのも好きな人なら

→1st『B.R.M.C』と3rd『Howl』の組み合わせでそれぞれ聴くのがお勧めです。 

ちなみ、現在バンドはアメリカ国内をツアー中。(つくづく働き者…)近いところでは2010年サマソニ、2013年単独来日公演と、アルバムを出したらけっこう律儀に来日してくれる方なので、おそらく次のアルバムの際には、来日もあるんじゃないかなぁと思います。