Sweet dreams,

Sweet dreams,

映画、音楽、好きなものに関するあれこれ

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』感想ー海辺の街で繰り広げられる「その後」の物語

f:id:chico08:20180922172743j:plain

あらすじ:
アメリカ、ボストン郊外で便利屋として生計を立てるリーは、兄ジョーの訃報を受けて故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーに戻る。遺言でジョーの16歳の息子パトリックの後見人を任されたリーだったが、故郷の町に留まることはリーにとって忘れられない過去の悲劇と向き合うことでもあった。
 
原題: Manchester by the Sea ( 2016年・アメリカ)
配給:ビターズ・エンド、パルコ
 
キャスト:
ケイシー・アフレック(リー・チャンドラー)
カイル・チャンドラージョー・チャンドラー)
ルーカス・ヘッジズ(パトリック)
(映画.com より)
 
核心部分のネタバレします。
※この記事の最後には、映画「ブルージャスミン」についてのネタバレも含まれますので、未見の方は最後ご注意。
 
 
マンチェスター・バイ・ザ・シーという故郷
マンチェスターと聞くと、自ずとイギリスの眉毛兄弟を連想してしまうのは私だけじゃないはず…。
これ、分かりにくいですけど、アメリカの街の名前なんですね。Manchester by the Sea と名の通り、ボストンから車で1時間もかからないところにある、海辺の街です。漁業やレジャーが主な産業みたいで、あまり大きな街じゃありません。
主人公のリーにとっては、忌むべき海辺の景色ですが、一方でそこに生まれ育った人間にとって、船に乗るっていうのはとても大事なものなんでしょう。父親も祖父も、友達の叔父も乗っていた、というようなみんなの記憶をつなぐものであり、リーの大切な記憶や楽しかった思い出も、たくさん船の上で起きている。
実際、船に乗るリーはとてもリラックスしたように見えて、映画の中でも珍しい笑顔を見せています。
 
物語は、ボストンでマンションの修理工みたいな仕事をしている主人公のリーがお兄さん訃報を受けるところから始まります。知らせを聞いて故郷に戻り、病院で兄と対面するリーは、どこか不幸に慣れている様子。葬式など諸々の手続きをしていたリーですが、兄が甥の後見人に自分を指名していたことを知りびっくり。何か重大な過去があり、二度と故郷に帰るつもりのなかったリーは、最初はその役目を断ろうとしますが…。というストーリーです。
 

f:id:chico08:20180922173000j:plain

聞いてないよ〜後見人なんて聞いてないよ〜
 
で、過去に何があってん
だんだんと中盤に向けて明らかにされるのは、「酔っ払ったリーが暖炉の不始末を起こし、火事で幼い子供3人を死なせてしまった」という、フィクションでもあまり見ない超ハードな過去。当然ながら、リーと妻は泥沼の末離婚、とてもそのまま故郷で暮らすことができず、一人ボストンに移り住み、身内らしい身内は今回亡くなった兄のみという状況でした。
お、重…。
劇中でミシェル・ウィリアムズ演じる元妻が、”My heart was broken, and it will always be broken, but I know your heart is broken too”って涙ながらに語るシーンがありますが、終始「観てるこっちのハートもブロークン!!」って感じでした。
 
映画としては、過去のシーンと現在のシーンを交互で見せていく前半の構成はすごくいいと思いました。特に、過去のシーンの選び方がよかったですね。リー自身の事故に関連したフラッシュバックや、子供のことを思い起こす場面っていうのを、終盤までものすごく我慢している。だからこそ、最後に一度だけ出てくる、死んだ子供の幻覚に話しかけられる箇所が決定的な意味を持つわけですが…。
必殺「パパ、私たち、燃えてるの?」、あのシーンで、彼の日常に平穏なんてなくて、ただひたすらああいう世界を生きている男だという事実を改めて突きつけられます。あの状態で、誰かの養父をするなんてどだい無理ですね。
 
 f:id:chico08:20180922173727j:plain
 
だから、彼にとっては唯一親しみのある家族、兄の忘れ形見である甥を、手放す決心をします。信頼できる友人の養子になる手はずを整えて、できる限り甥を尊重して選択肢を与えるというのが、彼にとって精一杯の愛情なんでしょう。甥っ子にしても、叔父さんがここに住んでくれれば万事解決だし、また昔みたいに一緒に暮らせばいいじゃない、って思いもあったはずですが、I can’t beat it, って言った彼にそれ以上何も言えない。
このcan't beat it って言い方がまた切実です。beat ってのは文字通り打ち負かす、とかやっつけるって事ですが、なんとか打ち勝とうとしても、前向きに生きようとしても、どうしてもそれができないんだ、って諦念が滲む台詞です。
 
なので、「過去の傷と向かい合い、甥と一緒に、新たな一歩を踏み出す」みたいな分かりやすいストーリーではありません。無理なものは無理なんだよゴラア!っていう帰結です。それも当たり前で、いくら時間が経とうと、癒えないものってのはあります。この映画でのリーの苦しみを見ていると、逆に、なんで死なずに生きていられるんだろう、って思うくらいです。文字通り、血を流しながら生きている。 
 

ただまあ、物語の最初と最後で何も変化なしかって言うと、そういうことはなく、彼としては絶対に近寄らなかった故郷に戻り、その場所での繋がりをほんの少しでも取り戻した、って面は確実にあるわけです。笑顔も見せるくらいには、人間性を取り戻している。

果てには、甥っ子に対し「お前が遊びにきてもいいように、部屋多いところに引っ越す」みたいな健気なこと言いますしね…。単身赴任する父親かよ…。

f:id:chico08:20180922173005j:plain

 

 
おまけ:思い起こされるブルージャスミン
書いてて思い出したのはブルージャスミン。これも、過去に自分が犯した罪に苛まれる人間の語です。

chico08.hatenablog.com

ただ、ブルージャスミンが、過去の罪と、息子との対面を映画のクライマックスに持ってきているのに対して、この映画は「その後」に力点を置いている。自分の罪や、身を切るような後悔も喪失も含めて、その後の地獄を全部引き受けた上での物語。
ジャスミンは、最後の最後で自分の罪を受けきれずに、儚くて、ふわふわと綺麗なまま、ぷつっと切れてしまいました。このマンチェスター・バイ・ザ・シー、切れなかった後に、それでも続いていく人生を描いた映画だと思います。